2017年6月27日火曜日

18年 朝日vs名古屋 9回戦


9月21日 (火) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
1 0 0 0 1 0 0 1 0 3 朝日 31勝25敗6分 0.554 真田重蔵
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 名軍 34勝22敗6分 0.607 森井茂

勝利投手 真田重蔵 8勝9敗
敗戦投手 森井茂     5勝5敗

二塁打 (朝)中谷

勝利打点 なし


真田重蔵、2安打完封

 朝日は初回、二死後酒沢政夫が四球を選んで出塁、中谷順次は二塁に内野安打、一走酒沢は快足を飛ばして三塁に達し、セカンド石丸藤吉からの三塁送球の間に打者走者の中谷は二塁に進んで二死二三塁、ここで名古屋先発の森井茂が痛恨のワイルドピッチ、朝日が1点を先制する。

 朝日は2回、先頭の大友一明が三塁への内野安打で出塁するが、続く早川平一の遊ゴロが「6-4-3」と渡ってゲッツー。4回は一死後中谷がレフト線に二塁打を放つが後続なく無得点。


 朝日は5回、先頭の早川が四球を選んで出塁、大島渡が送りバントを決めて一死二塁、真田重蔵の中前打で一死一三塁、トップに返り坪内道則が投前にスクイズを決めて2-0とする。


 朝日は8回、一死後坪内が三遊間を破って出塁、森本清三の三前バントが犠打となって二死二塁、酒沢の当りは遊ゴロ、これをショート芳賀直一がエラーする間に二走坪内が一気にホームに還り3-0とダメ押す。


 朝日先発の真田重蔵は立ち上がり不安定なピッチング。初回、先頭の石丸藤吉と二番古川清蔵に連続四球、小鶴誠に送りバントを決められて一死二三塁のピンチ、しかし吉田猪佐喜を三振、加藤喜作を中飛に抑えて無失点。3回も石丸藤吉、古川に連続四球を与えて無死一二塁のピンチ、しかし小鶴を右飛に打ち取り、吉田の投ゴロを「1-6-3」と回してダブルプレー。


 真田は5回まで2安打5四球で毎回走者を出しながら無失点、6回以降は名古屋打線を無安打1四球に抑え、2安打6四球6三振で今季4度目の完封、8勝目をあげる。


 朝日は初回に酒沢と中谷が好走塁を見せて先制、5回はベテラン坪内がスクイズを決め、8回も坪内のヒットを森本が送って加点、渋い勝利をあげる。



18年 大和vs阪神 9回戦


9月21日 (火) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 大和 26勝31敗5分 0.456 石田光彦
1 0 1 0 0 1 0 0 X 3 阪神 30勝26敗6分 0.536 三輪八郎

勝利投手 三輪八郎 7勝7敗
敗戦投手 石田光彦 8勝9敗

勝利打点 玉置玉一 3


阪神、相手ミスと四球で加点

 阪神は初回、先頭の山口政信が三前にバント、これをサード高橋吉雄がファンブル、記録はエラーで無死一塁、金田正泰が左前に流し、藤村冨美男の三前バントが内野安打となって無死満塁、景浦将の左犠飛で1点を先制する。

 大和は2回、先頭の鈴木秀雄が四球で出塁、小松原博喜が送って一死二塁、石田光彦は中飛に倒れるが、渡辺絢吾が中前に同点タイムリーを放って1-1とする。


 阪神は3回、先頭の山口の当りは三ゴロ、これをサード高橋が初回に続いてエラー、金田の一ゴロの間に山口は二進、藤村は中飛、景浦は歩かされて二死一二塁、門前真佐人のピッチャー強襲ヒットで二死満塁、玉置玉一が押出し四球を選んで2-1と勝ち越す。


 阪神は6回、一死後武智修が左前打、塚本博睦はストレートの四球で一死一二塁、トップに返り山口の遊ゴロで塚本が二封されて二死一三塁、金田の一塁へのヒットがタイムリーとなって3-1とする。


 三輪八郎は6安打3四球5三振の完投で7勝目をあげる。


 両チーム6安打ずつで打撃は互角であったが、大和は石田光彦の8与四球とサード高橋吉雄の2つの失策が響いた。阪神の勝利打点は押出し四球によるもので、山口政信が記録した2得点は何れも高橋のエラーで塁に出たものであった。



2017年6月24日土曜日

18年 西鉄vs阪急 9回戦


9月20日 (月) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 西鉄 26勝31敗6分 0.456 重松通雄
1 0 0 0 0 0 0 0 X 1 阪急 22勝39敗2分 0.361 笠松実

勝利投手 笠松実     6勝8敗
敗戦投手 重松通雄 7勝16敗

勝利打点 三木久一 2

56分の投手戦

 昭和15年8月11日、大連・満倶球場 で行われた阪急vsタイガース戦で記録された56分と並ぶ最短試合時間タイ記録が樹立された。

 阪急は初回、先頭の中村栄が四球を選んで出塁、上田藤夫のライト線ヒットで中村は三塁に進み、上田が二盗を決めて無死二三塁、山田伝のバントは捕飛となって一死二三塁、ここはスクイズ失敗か、下社邦男が四球を選んで一死満塁、三木久一の二ゴロの間に三走中村が還って1点を先制する。


 西鉄先発の重松通雄は初回に3四球を出したが、2回以降8回まで1四球1安打無失点のピッチング。


 阪急先発の笠松実は7回まで3四球無安打無失点。8回、二死後鵜飼勉に左前打を打たれて大記録は逸したが、1安打3四球3三振で今季3度目の完封。


 重松通雄も西鉄打線を2安打3四球3三振1失点に抑え、両軍合わせて3安打のみであった。


 初回の重松の3四球がなかったら試合時間は55分となっていたかもしれない。


 昭和21年7月26日、タイガースvsパシフィック戦で55分の史上最短試合時間記録が作られることとなる。昭和18年9月20日時点においては、昭和15年の大連とこの日に記録された56分が最短試合時間記録となる。



2017年6月21日水曜日

18年 南海vs巨人 9回戦


9月20日 (月) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 南海 23勝39敗1分 0.371 別所昭
1 0 0 0 0 1 0 0 X 2 巨人 41勝20敗2分 0.672 中村政美

勝利投手 中村政美 2勝4敗
敗戦投手 別所昭  14勝20敗

二塁打 (巨)中島

勝利打点 中村政美 1


中村政美、プロ入り初完封

 巨人は初回、先頭の呉昌征が四球で出塁すると二盗に成功、白石敏男も四球、小暮力三の三前バントが内野安打となって無死満塁、青田昇の当りはショートライナー、三走呉が還れずダブルプレー、中島治康が四球を選んで二死満塁、中村政美が押出し四球を選んで1点を先制する。

 巨人は6回、一死後呉が四球を選ぶと又も二盗に成功、更に三盗にも成功、キャッチャー荒木正からの三塁送球が悪送球となって呉が還り2-0とする。


 南海先発の別所昭は8回を完投したが9安打9四球の大乱調。


 巨人は18個の出塁を記録したが2得点で16残塁であった。


 巨人先発の中村政美は4安打2四球8三振の好投を見せてプロ入り初完封、2勝目をあげる。中村は昭和19年には野手としての出場が増え、戦前最後の本塁打を記録することとなるが戦死する。


 呉昌征が3個の盗塁を記録、呉は9月18日の阪急戦の5回に三盗に失敗して29個連続盗塁成功記録が途切れたが、そこから5個連続盗塁成功となっている。



2017年6月20日火曜日

18年 第13節 週間MVP


 今節は西鉄が4勝1敗1分、阪神が3勝1敗1分、名古屋が3勝2敗、巨人が3勝3敗、大和が2勝2敗1分、南海が2勝4敗、阪急が2勝4敗、朝日が0勝2敗3分であった。


週間MVP

投手部門

 巨人 藤本英雄 6

 3勝1敗3完封。6試合連続完封で途切れた後2連続完封。

 朝日 内藤幸三 1

 9月15日の西鉄戦で延長12回1安打無失点。

 阪神 三輪八郎 1

 2勝0敗、15日の巨人戦は完封勝利。

 大和 畑福俊英 1

 2勝0敗1完封。

打撃部門

 西鉄 中村信一 1 

 25打数8安打5四球4得点2打点。

 巨人 呉昌征 4

 18打数6安打9四球6盗塁。

 大和 木村孝平 2

 5試合目は6打数無安打ながら19打数7安打二塁打3本。

 南海 岡村俊昭 1

 23打数9安打4得点6打点。

 阪神 山口政信 2

 17打数5安打2得点4打点7四球、V打2本。


殊勲賞

 朝日 真田重蔵 1

 9月11日の西鉄戦で2打席連続三塁打。

 名古屋 西沢道夫 1

 9月12日の阪急戦で満塁走者一掃代打決勝二塁打
 
 西鉄 野口二郎 1

 2試合連続V打。

敢闘賞

 西鉄 野口明 1

 24打数7安打5得点3打点。

 阪急 山田伝 2

 18打数7安打。

技能賞

 南海 丸山二三雄 2

 9月13日の阪急戦で4安打完封と2安打1打点。

 名古屋 野口正明 1

 9月13日の大和戦で完投勝利と勝利打点。

 巨人 川畑博 1

 9月18日の阪急戦から急造キャッチャーとしてマスクを被り決勝打も放つ。

2017年6月16日金曜日

18年 巨人vs西鉄 10回戦


9月19日 (日) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 2 1 0 2 5 巨人 40勝20敗2分 0.667 藤本英雄
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 西鉄 26勝30敗6分 0.464 近藤貞雄

勝利投手 藤本英雄 27勝7敗
敗戦投手 近藤貞雄   4勝3敗

二塁打 (西)中村信一

勝利打点 小暮力三 2


西鉄、10連勝でストップ

 巨人打線は西鉄先発・近藤貞雄の前に5回まで3安打無得点。

 巨人は6回、先頭の呉昌征が四球で歩くと二盗に成功、キャッチャー中村民雄の悪送球が重なって呉は三進、白石敏男も四球から二盗を決めて無死二三塁、小暮力三がライト線に先制タイムリーを放って1-0、小暮も二盗を決めて再度無死二三塁、青田昇の中犠飛で2-0とする。


 巨人は7回、一死後小池繁雄が中前打で出塁、坂本茂は三振に倒れるがスリーストライク目に小池が二盗を決めて二死二塁、トップに返り呉の一塁線タイムリーで3-0とする。


 巨人は9回、二死後坂本が四球で出塁すると二盗に成功、呉も四球を選んで二死一二塁、白石の中前タイムリーで二走坂本が還り4-0、センター富松信彦がボールを逸らす間に一走呉も快足を飛ばしてホームに還り5-0として試合を決める。


 巨人先発の藤本英雄は3回まで無安打ピッチング。4回、一死後野口明に四球を与え、中村民雄に左前打を許すが、富松を中飛、村瀬秀孝を投飛に打ち取る。5回も二死後中村信一に右中間を抜かれて二塁打、しかし濃人渉を右飛に打ち取る。


 藤本は7回、二死後鵜飼勉に左前打を許すと近藤にも中前打を打たれて二死一二塁、トップに返り中村信一にもセンター右に弾き返されるが、センター呉のバックホームに二走鵜飼が本塁寸前刺されてこの回も無失点。9回も一死後富松に中前打を許すが後続を抑えて逃げ切る。


 藤本英雄は6安打3四球3三振で今季14度目の完封、27勝目をあげる。9月15日の阪神戦で連続完封記録は6試合でストップしたが、その後2試合連続完封勝利で西鉄の連勝記録を10でストップさせた。



2017年6月13日火曜日

18年 阪急vs南海 10回戦


9月19日 (日) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 阪急 21勝39敗2分 0.367 天保義夫
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 南海 23勝38敗1分 0.377 別所昭

勝利投手 天保義夫 6勝12敗
敗戦投手 別所昭   14勝19敗

勝利打点 なし

猛打賞 (急)山田伝 4


別所昭、手痛い牽制悪送球

 南海先発の別所昭は初回、先頭の中村栄を二ゴロ、上田藤夫を三ゴロに打ち取るが、山田伝に中前打を許し、山田の二盗をキャッチャー荒木正が刺して3人で攻撃を終える。2回、3回は三者凡退。

 阪急先発の天保義夫は立ち上がりから安定せず、初回は一死後鈴木芳太郎にストレートの四球、しかし岡村俊昭を一ゴロ、中野正雄を三振に打ち取る。2回も一死後堀井数男にレフト線ヒットを打たれるが、増田敏を左飛、荒木を三邪飛に抑える。3回は二死後鈴木を遊ゴロに打ち取るがショート中村がエラー、ここも岡村を二ゴロに打ち取り無失点。


 別所は4回、一死後植田に四球を与え、パスボールで上田が二進、山田に右前打を許すと二走上田は三塁ベースを蹴ってホームへ、しかしライト岡村俊昭からの本塁送球にタッチアウト、ここも別所は味方の補殺に助けられた。


 別所は5回、先頭の三木久一に三塁内野安打を許し、笠石徳五郎は中飛に打ち取るが、池田久之に左前打を打たれて一死一二塁、ここも天保義夫を三ゴロ、伊藤健一も二ゴロに抑える。


 天保は5回、先頭の荒木に左前打を許し、長谷川善三の投前送りバントをファンブルして犠打エラー、しかし牽制で二走荒木を刺し、猪子利男を三ゴロ併殺に打ち取りピンチを切り抜ける。


 阪急は6回、二死後山田が中前打を放つと二盗に成功、更にキャッチャー荒木の悪送球が加わり山田は三進、下社邦男も四球から二盗を決めて二死二三塁、ここで別所が三塁に牽制球を投ずるが痛恨の悪送球、三走山田に続いて二走下社も還ってこの回2点を先制する。


 別所は7回以降、阪急打線を無安打に抑える。


 天保義夫は7回以降を三者凡退に抑え、3安打2四球5三振で今季4度目の完封、7勝目をあげる。


 別所昭も3安打3四球4三振2失点のピッチング、自責点ゼロであるが、あまりにも痛い三塁牽制悪送球であった。